底面フィルターからの吹き出し口のポコポコ音対策に100均ボトルでサイレンサーを作ってみた

我が家のろ過は底面ろ過にしていますが、エアーのポコポコ音が気になるので自作のサイレンサーをつけています。

1年前に作ったものが汚れてきて作り直したので、せっかくなのでご紹介します。

スポンサーリンク
AMP広告用336x280Adsense

用意するもの

  1. ダイソーの化粧ボトル:容量200mlくらいのもの
  2. キリ:5mmくらい。木ネジの下穴あけ用がオススメ
  3. カッターナイフ

作り方

ボトルの側面と底面に穴をあけます。

側面は上半分(ボトルの口側)に好きな数だけ穴をあけます。上のほうに開けると水位が下がってきて穴が露出するとポコポコ音が出るので、水から出ない場所が良いです。

底面は上からパイプを通す必要があれば2か所、パイプの穴が不要なら通気用に1か所の穴をあけます。エアチューブを通す時は、5㎜の穴だとちょっと小さいので、穴の縁をキリでグリグリと削って少し大きくすると、ぴったり通ります。

穴の周りのバリが気になるときは、カッターナイフで削ります。

底面フィルターの吹き上げパイプにグリグリっと嵌めます。我が家の底面フィルターはコトブキさんの「ボトムボックス」なのですが、パイプと100均ボトルのサイズがぴったりなので、特別な細工はしなくてもハマりました。

水槽にセットして完成!水の音よりエアーポンプの稼働音のほうが大きいくらいです。水換えも一緒にしたので水が濁ってしまっているんですが、透明でほとんど目立たないし、ぱっと見で100均ボトルだとは気づかない・・・と良いな(笑)

設置の際はボトルの底面に水がかからないよう、水位を調整してください。ボトルより水位が高くなると、底面に開けた穴から空気がポコポコ出てきて大惨事です。

ちなみに1年間使用していたボトルはこちら。コケでドロドロになってしまいました。300mlのボトルを使っていたんですが、あんまり大きくても邪魔かなと思って、今回は小さめにしてみました。

まとめ

サイレンサーは自作しなくても500円くらいで買えるんですが、透明のものが見つからなかったので、自分で作ってみることにしました。

この木ネジビットという商品は10年くらい前に購入したのですが、アクアリウム関係のDIYだけでなく、家のDIYや棚の修理などですごく役立つので、持ってると便利ですよ。アクアリウムだとエアチューブを通せるギリギリの穴をあけられるので、使い勝手が良いです。


スターエム 木ネジビット [5.0MM](代引不可)

■商品コード:4962660330568
■JANコード:4962660330568
■ブランド名:スターエム
■商品名:木ネジビット
■規格:5.0MM

底面ろ過に使っているボトムボックスはパイプの中にエアチューブを突っ込まなくても良いので、メンテナンスしやすくてオススメです。


コトブキ工芸 kotobuki ボトムボックス450 関東当日便

進化した優れた機能と抜群のろ過能力
新設計パーツを組み込んだ拡散パイプがエアストーンいらずで細かい泡を実現!

■水槽のメンテナンスなどの際に起こる砂利の侵入を防止するボックスタイプの底面フィルターが新登場!
■当社上部フィルター各種と接続可能!接続パーツ(別売)をご使用いただけば、当社外部式フィルター、外掛式フィルターにも接続できます。
■水槽サイズに合わせて縦横、何枚でもジョイント可能!

0